KATANA

2015年式のカーボンプレートは改良性の高い機体として好評が高いため継続して生産することにし、KATANA(刀):プレート(カーボン)より構成されるオリジナルの機体形状から日本古来の刀をイメージし命名しました。力強さもそのイメージと重なります。

ドローン損害保険

対人・対物5億円まで
機体最大100%補償


KATANA

名称の由来について サイトテック社オリジナル機体として開発したDOKAHELIは独自のドローンとして、2013年アルミ製丸パイプからのスタートしました。しかし、機体の大型化に伴い翌年2014年にはフォルデイング機能を全機種に採用したアルミ製角パイプに改良され、更に2015年には剛性を強化したカーボンプレートを採用し防塵防水を高める改良へと成し遂げてまいりました。そして、本年2016年にカーボンシェルの導入に成功しました。

KATANA

KATANA 改良モデルの特徴

カーボンプレートの採用

整備性の良さと高い改良性で幅広いニーズに対応することが可能です。

フォルディング機能

アーム部分が折りたためるので、携帯性に優れます。

組み合わせによる高い応用性

本体とオプションを組み合わせることで、さまざまな活用事例に対応できます。

KATANA 12D1750F

12d1750f通常時

12D1750F通常時

12d1750fフォルディング時

12D1750Fフォルディング時

スキッド組み合わせ例本体とスキッドの組み合わせでさまざまなオプションを搭載することが可能です。

ノーマルレック+ベースプレート


12D1750F装着時

コンテナ組み合わせ例コンテナと組み合わせることで物資の運搬が可能です。

コンテナ(フック機構付)


12D1750F装着時

KATANAシリーズラインナップ

KATANAに関するお問い合わせ

お問い合わせの機体必須
会社名任意
所属部署名任意
会社電話番号任意
会社郵便番号任意
-
会社住所(番地まで)任意
会社建物名・マンション・他任意
お名前必須
フリガナ必須
性別必須
電話番号(携帯可)必須
郵便番号必須
-
住所(番地まで)必須
建物名・マンション・他任意
メールアドレス必須
お問い合わせ内容必須

■本社・技術研究所
〒409-3303
山梨県南巨摩郡身延町寺沢3250
〈お客様窓口〉0556-48-8378
業務時間/9:00~12:00・13:00~17:30